「伝る」だけでなく、
「伝る」をお手伝いします。

SCROLL
「ハガツサ(Hagazussa)」とは、ドイツ語の「Hexe(魔女)」の語源にもなった言葉です。届けた思いや情報が、誰かの選択肢になるように。誰かの明日を少しだけ変えるきっかけになるように。魔女たちがそんな願いを込めて魔法をかけるように、「伝えたい」思いや情報が「伝わる」よう、大切にコンテンツをつくり続けたいと考えています。

Service

出版

出版

「Hagazussa Books(ハガツサブックス)」というレーベル名で書籍の発行を行っています。「読む人の選択肢が広がる本」をテーマに、エッセイ、ルポルタージュ、コミック、実用書、児童書、写真集と、幅広い本をお届けしていきます。

WEB SITE
MORE 2022年3月号
2022.02.23

MORE 2022年3月号

編集プロダクション

メディア企業様が運営・発行する雑誌、書籍、WEBメディアのほか、一般企業様のオウンドメディアや広報誌、ホームページなどのディレクション、編集、執筆等をお引き受けしております。女性向け媒体からビジネス系媒体までどんなタッチでもお引き受け可能です。

READ MORE
PRコンサルティング事業開始のお知らせ
2022.02.15

PRコンサルティング事業開始のお知らせ

コンサルティング

各メディアでの制作経験を生かし、企業様、自治体様のPRコンサルティング事業も行っていきます。コンテンツ制作だけでなく、情報発信を行うWEBページの制作や各メディアへのプロモーションなど、ご要望に応じて、お手伝いをさせていただきます。

READ MORE

NEWS

2022.09.12
事務所移転のご案内
2022.07.15
夏季休業と従業員の夏季休暇取得のお知らせ
2021.12.20
会社設立及びHP開設のお知らせ
READ MORE

MEMBERS

千吉良 美樹

千吉良 美樹

MIKI CHIGIRA

代表/編集/ライター

群馬県生まれ。名古屋の大学を卒業後、KADOKAWAが発行していた「東海ウォーカー」の編集部にて編集を担当。その後、サイゾーの月刊誌「サイゾー」編集部に所属し、雑誌の編集のほかに、オンライン版「サイゾーpremium」の立ち上げ、辛酸なめ子さん、SKE48、嶽本野ばらさんらの書籍の編集を担当。フリーランスとして独立後は、KADOKAWAや双葉社、集英社(「MORE」)、リンクタイズ(「Forbes JAPAN」)などを中心に書籍や雑誌、WEBメディアの編集を請負いながら、「寺社NOW」(全国寺社観光協会)や「ラクシルマガジン」(ラクスル)など、オウンドメディアの制作にも携わる。フランスに1年、名古屋に7年、大阪に4年住んだ経験あり。2匹の愛猫たちのためにせっせと働く日々。

本間 香奈

本間 香奈

KANA HOMMA

編集/ライター

大阪府生まれ。大学卒業後、講談社「VOCE」編集部にて、編集とWEBサイトの制作を担当。その後、小学館「AneCam」編集部で、オフィシャルサイト「AneCam TV」を担当。出産や家族の転勤により数年間、仕事を中断した後、編集プロダクションに就職。宝島社のWEBサイト、ORBISボディカタログ、ANA機内販売誌、FANCELカタログ、美容情報サイトmismosなどの記事の編集・ライティングを多数担当。退職して現在は、KADOKAWA、リンクタイズ(「Forbes JAPAN」)などを中心に書籍や雑誌、WEBメディアの編集に携わる。小学生男子の母で、息子とゲームをしたりアニメを観るのが癒しの時間。一人の時間はK-Popや韓国ドラマ鑑賞でさらに癒される日々。三度の飯とお酒が好き。

佐伯 香織

佐伯 香織

KAORI SAEKI

編集/ライター

宮城県生まれ。大学卒業後、仙台の広告会社に入社。女性向けライフスタイル誌編集部に所属。その後、朝日新聞マリオン編集部にて、朝日新聞夕刊(カルチャー)や別刷り「be」の記事執筆、地方版の編集などに携わる。「サイゾー」に入社し、女性向けウェブメディア「サイゾーウーマン」の創設メンバー。女子カルチャー(女性誌、海外セレブ)や、コラム、インタビュー記事を企画。フリーランス転向後はサイゾーウーマン、「ダ・ヴィンチニュース」「プレジデントオンライン」などWEBを中心に、週刊誌、単行本、オウンドメディアでも編集・執筆を請け負う。出版社のECサイトの立ち上げやディレクション、ニュースサイトの運営経験も。乳幼児2人と猫の世話の合間に韓国ドラマ/映画を見るのが唯一の自分時間。しんどい日にはマライア、J.lo、カーディ、リアーナらディーヴァのつよつよインスタを見て、気分を上げるのがサバイバル術。

TAKAHASHI Kazuya

TAKAHASHI Kazuya

ライター

ブックライター。中央省庁勤務を経て、大学院修了後に研究者に転身。インテリジェンスや北東アジア情勢など安全保障分野を中心に「東洋経済オンライン」「Wegde」「Forbes Japan」など各種メディアに寄稿。ヒューマンリスクやリスクマネジメントに関するコンサルティングとリサーチにも携わる。

河 鐘基

河 鐘基

Jonggi Ha

ライター

北海道生まれ。大卒後、会社員や編集プロダクション、週刊誌記者などを経て2015年にテクノロジーメディア「ロボティア」をローンチ。著書に『ドローンの衝撃』『AI・ロボット開発これが日本の勝利の法則』(扶桑社)など多数。アジア地域を中心とした海外テック動向の調査やメディア運営、コンテンツ制作全般を請け負う傍ら、大手経済・ビジネス・週刊誌などを中心にテクノロジーから社会・政治問題まで寄稿活動も続ける。

中川 理子

中川 理子

Michiko Nakagawa

デザイナー

東京生まれ。デザイン事務所・三潮社にて双葉社、祥伝社、リクルート(「R25」「ゼクシィ」ほか)などのエディトリアル・広告デザインを、編集プロダクションAD BIRDにて小学館(「CanCam」ほか)やベネッセコーポレーション(「たまごクラブ」ほか)などのエディトリアルデザインを担当。その後出版社サイゾーで「月刊サイゾー」のエディトリアルデザイン、「サイゾーウーマン」のwebデザイン、書籍の装丁デザインなどを担当し、2013年に独立。書籍・写真集・雑誌・広告などのデザイナーとして活動中。

坂井 恵子

坂井 恵子

KEIKO SAKAI

デザイナー

新潟県生まれ。編集プロダクションやデザイン事務所にて、雑誌のエディトリアルデザインをはじめ、アパレルブランド、インテリアショップのDM、カタログ制作などを担当。その後、WEB制作会社で、東京都環境公社、ウエニ貿易、三井化学、ユニリーバなどのWEBデザイン、Googleの営業ツールやノベルティ制作を担当する。より幅広い分野で活動するため、2018年に独立。現在、ハガツサブックス、サイゾー、ヨシモトブックスなどで書籍や写真集のデザイン、丁子屋呉服店、舞台A3!などのWEBデザインを担当するなど、多岐にわたって活動中。趣味は、ご飯、お酒、猫。

バルドーザー 未来

バルドーザー 未来

Miki Baldosser

翻訳家・英語講師

宮崎県生まれ。大学卒業後、1年間レストランで働いたのち、英語の習得と海外に住んでみたい願望から、単身NYへ。帰国後、小学・中高学校(英語)の教員免許を取得。これまでに英語講師として公立学校、また子ども・大人英会話の個別レッスンを経験。近年は英語コーチとして、個人から大手企業研修と、幅広い分野で英語の楽しさを伝えたり、英語の学び方を支援したりしている。合間に英語翻訳業も請負う。名古屋に8年、NYに6年住んだ経験があり、現在熊本の阿蘇在住。

バルドーザー  セス

バルドーザー セス

Seth Baldosser

翻訳家・ライター

アメリカ・オハイオ州生まれ。オハイオ州立大学で文学と哲学を学ぶ。卒業後、カリフォルニア州オハイにあるジッドゥ・クリシュナムルティ財団でインターンをした後、ニューヨークに住む。2017年に日本に移住し、フリーランスのライター・編集者として活動を開始。人間の自由、意識、スピリチュアリティ、現実の真の姿などをテーマに、詩的な哲学を執筆している。現在は熊本の阿蘇在住。読書と音楽の勉強や演奏が趣味。

COMPANY

会 社 名 株式会社ハガツサ
代表取締役 千吉良美樹
所 在 地 〒158-0094 東京都世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズ・オフィス 8F CATALYST BA
設   立 2021年12月20日
資 本 金 6,000,000円
取 引 実 績 (株)ウェッジ(「Wsdge」)
(株)KADOKAWA(「ウォーカープラス」「EMIRA」ほか)
(株)講談社(「現代ビジネスオンライン」)
(株)サイゾー(「サイゾー」「日刊サイゾー」ほか)
(株)集英社(「MORE」「yoi」)
(株)主婦と生活社(「週刊女性」)
(株)竹書房(「本当にあった愉快な話」)
(株)東京ニュース通信社(「テレビBros.」)
(株)東洋経済新報社(「東洋経済オンライン」)
(株)双葉社

リンクタイズ(株)(「Forbes JAPAN」)
(一社)全国寺社観光協会
ソニー(株)
東京電力ホールディングス(株)
西日本高速道路(株)
パナソニック(株)
RYDE(株)
ラクスル(株)